キシリトールって虫歯予防に効果があるの?

キシリトールはフッ素と同じく虫歯予防のイメージが強いです。
しかし、そのキシリトールって、どんな効果があるのでしょうか?
店頭には、キシリトール入りのガムがたくさんあります。
食後にキシリトール入りのガムを噛むと、いかにも虫歯予防に効果がありそうですよね。
でも、なぜ効果があるかなんてあまり考えたことがありませんでした。
虫歯の発生機序からいえば、まずは口に入った糖分をミュータンス菌(虫歯菌)が分解して酸を作ります。
その酸は歯のエナメル質を溶かし、虫歯を作りやすくします。
キシリトールは甘味料ですが、酸を発生しません。
このミュータンス菌がキシリトールを取り込むと、エネルギーを消耗させて、弱らせることができます。
そういったことで、菌の繁殖を抑えられることになります。
キシリトールを使用し続けることで、ミュータンス菌を弱らせることが可能なのです。
口の中の環境は人によって全然違います。
虫歯になりやすい人もいれば、なりにくい人もいます。
キシリトールも効果の程は人によって違うでしょう。
とはいえ、フッ素、キシリトール、歯磨きを行うことで、かなりの虫歯予防が期待できます。
継続していくことに意味があると思うので、ぜひ続けていきましょう。

いつも手を伸ばせる場所に、キシリトールガムなどを置いていたら、楽に続けられそうですよね。
バッグの中に入れておくと、外出先でも手軽に取れますし、続けやすいと思います。

関連ページ

フッ素って虫歯予防に効果はあるの?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。
虫歯を予防する食生活って?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。
唾液は虫歯予防に重要?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。