虫歯は移る?

虫歯って移るものだと思いますか?
基本的に虫歯そのものは移ることはないでしょうが、虫歯菌は移る可能性があります。
そもそも、産まれたての赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在しませんよね。
キスしたり、同じ箸を使って食べ物を与えたり、くしゃみをしたりなど、こういった日常的なことで虫歯菌は移っていきます。
そして、エサとなる糖分が口の中にあり、歯に定着することで虫歯になるのです。
どんなに気を使っていたつもりでも、虫歯の無かった子供は、いずれは虫歯になってしまいます。
虫歯菌に関しては、除菌という方法もあるらしいですが、ほとんどの人が虫歯菌を持っているわけですから、また感染してしまうため、無意味なようにも思います。
ただし、数を減らすのは重要なことでしょう。
虫歯菌自体をもらったとしても、その後、予防がきちんと出来ていれば、虫歯になりにくいはずです。
虫歯を発症しやすいかどうかは、個人個人によってもかなり違います。
唾液の量や歯並びなども影響してくるでしょう。
虫歯自体は、歯、虫歯菌、糖の組み合わせで起き、この一つでも欠ければ虫歯にはならないことになります。
なので、なるべく虫歯菌が移らないように、大人の口の中にいる虫歯菌を減らした上で、子供の口の中に虫歯菌のエサとなる糖分がない状態を保つといいかもしれません。
歯は健康的な生活を送る意味でも大事です。
日頃から丁寧にお手入れしましょう。
行きつけの歯科医院を見つけ、定期的に通うようにすると、虫歯ができてしまっても初期のうちに治療ができていいですね。

関連ページ

虫歯が進行するとどうなる?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。