虫歯が進行するとどうなる?

健康にも食生活にも大事な歯ですが、ほとんどの方は虫歯になった経験があると思います。
虫歯の進行具合というのは、どういうものでしょうか?
エナメル質内だけの虫歯(痛みはない)→進行(甘いものがしみる)→象牙質に達した虫歯(冷たい物がしみる)→歯髄に達した虫歯・炎症(熱いものがしみるようになる)→炎症が進む(痛い)→神経が壊死をする(痛みを感じない)→膿が溜まって再び痛む。
こういった進行状況をたどります。
歯が痛くなって歯医者に行こうと思っていても、忙しくて後回しにしていたら痛くなくなったので、そのまま行かなかったっていう経験のある方も意外に多いと思います。
実は、これはあまりよくない状態です。
虫歯は治ったわけではないのです。
放置していては、また激痛を感じるようになります。
痛みが治まっても、必ず歯医者さんに行きましょう。
虫歯の進行が激しくなると、治療も段々難しくなり、時間もかかってしまいます。
最近は、ごく初期の虫歯なら、進行止めにフッ素を添付して様子をみることが多いです。
エナメル質までの虫歯なら、その部分を取り除く簡単な治療で済みます。
神経まで進行してしまった場合は、根の部分の治療が必要になってきます。
そうなると、型をとったり、歯を修復したり、クラウンを被せたりとかなり大がかりな作業になっていきます。
時間もかかります。
もっとひどいと、抜歯が必要になる可能性も出てきます。

自分で定期的に歯を点検して、初期の虫歯が見つかった時点で、出来るだけ歯医者さんに行くようにしましょう。

関連ページ

虫歯は移る?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。