虫歯にならないブラッシングって?

虫歯にならないためには、正しい歯磨き・ブラッシング方法が大事なのですが、これってなかなか難しいですよね。
歯医者に行くと歯磨き指導とかで教えてくれるものの、長年培ってきた習性はなかなか治すことができず、結局同じ磨き方をしてしまったり・・・。
まずは、自分に合った歯ブラシを見つけましょう。
歯ブラシは、歯を傷つけないように、柔らかめがオススメだそうです。
磨く順番を決めて、時間を決めて順番に磨いていきます。
いつも同じ順番で磨いた方が、磨き忘れがないようです。
歯に対して、直角に、力を入れずに優しく磨くのがコツです。
「歯磨き3分」って、昔よく言われていましたが、実際はそれでは不十分らしく、5分〜10分ぐらいかけて丁寧に磨くのがいいそうです。
しかし、忙しいと毎回毎回歯磨きにそんなに時間をかけていられませんよね。
そういう場合は、寝る前だけでもきちんと磨くようにしましょう。
歯磨きのブラッシングだけでは、歯の隙間なんかは、なかなかきれいになりません。
歯間ブラシやフロスなども併行して使っていきましょう。
こういった習性を身につければ、歯磨きが上手になります。
身につけるには継続が必要な訳ですが、ついつい面倒になって、いつもの磨き方になってしまいがちです。
定期的に歯医者に行って、その都度、ブラッシングの指導をしてもらうといいと思います。
指導受けているうちに上手くなっていくでしょう。

とにかく、大事なのは継続です。

関連ページ

歯磨きの仕上げにフロスを使う?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。