歯磨きの仕上げにフロスを使う?

歯磨きは、1日1回でもきちんと磨く方が、何回もやるよりも効果的だと言われています。
虫歯の菌が増えて虫歯になるまでは、数日かかります。
不十分な歯磨きをして虫歯になってしまったら、数週間〜数か月の間は虫歯の部分の汚れが落ちていなかったと考えられます。
このような場合は、1日1回でもきちんと磨く事が重要になってきて、むやみに歯磨きの回数を増やせばいいというものではありません。
虫歯の菌は唾液が多く出る夜に増えるので、寝る前の歯磨きが一番大切です。
もちろん、歯垢を取り除くだけでなく、口臭の原因の食べカスなどを取り除く目的もありますので、食後の歯磨きも重要です。
このような事から子供の歯磨きは、朝と昼は子供が自分で磨き、夜はお父さんやお母さんが仕上げ磨きをするのがお勧めです。
歯と歯の間に隙間が空いていない場合などは、2歳からの小さなお子さんでもデンタルフロスが必要になってきます。
デンタルフロスとは、糸ようじの事で、歯と歯の間の汚れを取るものです。
これは、必ずお母さんかお父さんがしてあげて下さい。
お母さんが目で見て、歯と歯の間に隙間が空いていなかったら、1日1回はデンタルフロスでお掃除してあげましょう。
特に、6歳を過ぎると大人の歯の奥歯が生えてくるので、今までにあった歯と歯の隙間が詰まってなくなってきて、汚れがどんどんたまってしまうので、歯と歯の間の虫歯が急に増えてきます。
夜の仕上げ磨きの時に、デンタルフロスでお掃除してあげて下さい。
小さなお子様用には、片手で使用できるホルダー付きのフロスが便利です。

関連ページ

虫歯にならないブラッシングって?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。