妊婦は虫歯になりやすい?

妊娠中の方の虫歯が増えているそうですが、果たして妊婦は虫歯になりやすいのでしょうか?
それは当たっています。
まず第一の原因として、妊娠している女性の体の変化が挙げられます。
唾液緩衡能力という口内のPHを正常に保っておこうという機能が、妊娠中には低下して、口内環境が悪化しやすい状態になっています。
それに加えて、つわりがあり、口に歯ブラシを入れるだけでも吐き気がしたり、一度にたくさんの食事を取るのが困難なので少しずつ小刻みにおやつを食べるように食事をしたりというのが習慣になるので、より虫歯になりやすくなっているのです。
だから、妊娠する前に虫歯や歯周病などの治療は済ませておくのが理想的です。
歯周病になっている妊婦の早産の確率は、歯周病にかかっていない妊婦の5倍も高いという恐ろしいデータもあります。
さらに、歯周病の妊婦は、低体重児の出産率が歯周病にかかっていない妊婦の7倍というデータも出ています。
なかなか計画的に妊娠というのは難しいので、日常的に歯医者に行って診察してもらっていると安心です。
半年に一度くらいが好ましいでしょう。
妊婦の口内環境の悪さは、子供へも影響しやすく、子供の口内環境はお母さんと同じというケースが多いのです。
もし、妊娠中に虫歯になってしまったら、安定期に入ってから治療しましょう。
妊娠初期と後期は避けた方が無難です。
出産後の虫歯の治療は、薬によって母乳をあげられなくなる場合もあるので、かかっている歯科医と産婦人科の先生と相談しながら一番良い処置を相談してみてください。

関連ページ

虫歯と頭痛の関係って?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。
虫歯は薬で治る?
虫歯は小さなお子さんから大人まで悩まされる、嫌な症状ですよね。歯のあまりの痛さにほかのことに手がつかないなんてことも。そうならないためにも、日頃からの予防が必要なのです。予防効果のあるものを知っておきましょう。